img_02

TOP > 注文住宅でのデザインと間取りのコツ

注文住宅でのデザインと間取りのコツ

注文住宅のメリットは、何と言ってもそのデザインの自由性にあります。

住み良くて、おしゃれで…とその夢は尽きません。


しかし、注文住宅のデザイン=間取りというイメージはないでしょうか。

必要な部屋を組み合わせればお家になる、というイメージを多くの方が持っていますが、そもそもこれが失敗のもととなります。

注文住宅の間取りを考える際、次の点に注意しましょう。

滋賀の注文住宅情報を検索しましょう。

まずは土地の形状です。

家を建てる土地が広いのか狭いのか、傾斜地なのか平坦なのか、住宅地なのか自然の多い場所なのか、などなど土地や周囲の環境に応じて、適した間取りを計画しなければなりません。

中々条件に見合った最高な土地というのは見つけにくいですが、土地の特性を把握し、それに応じた設計をすることでいくらでも個性的で住み良い住宅を建てることができます。

次に光と風の導線を確保しましょう。

日当りや風通しは快適な生活を行う上で重要なポイントとなります。吹き抜けや廊下、屋根や窓の方向などを工夫し、しっかり通り道を確保するように心がけましょう。



そして、土地の項目と重なりますが、環境を意識した間取りを心がけましょう。南側が通りで、北側の眺めの良い土地なら、北側をオープンにした間取りにし、南側を防音処理するなど、環境に見合った設計がポイントです。



また、間取りを欲張るあまり構造的に耐震度や耐久度が低くなる可能性があります。


こういった、希望を盛り込みつつも全てのバランスを取りながら、より良い住まいとなるようじっくり設計しましょう。